アピールのパターン

 効果的なアピールの方法は次の9つです。これらを適宜組み合わせて使うと効果的です。

1、やりたい仕事でアピール
   その企業における「やりたい仕事」をアピールする手法。その仕事が  その企業ならではのものなら、なぜ他社でなくその企業なのか強くアピ  ールできる。やりたい仕事は、一つに絞らず柔軟性を持たせたほうがよ  い。
2、自己PRでアピール
   仕事で活躍できる「能力・資質」があることをアピール手法。特に事  務職や一般職では非常に効果が高い。本文中に盛り込むのが一般的で、  1と組み合わせると効果的である。
3、過去の経験をアピール
   志望の原因、つまり「きっかけ」を強くアピールする手法。面接官の  感性を刺激して、心をつかむことができる。
4、大きな志でアピール
   人生の夢、一生の目標といった大きな志をアピールすることを通して
  その企業に対する「熱意」をアピールする手法。「人生をかけて一生懸  命働く人」というイメージで、非常に強い熱意ややる気が伝えられる。
5、専門知識・専門能力でアピール
   その企業で活躍できる「能力・資質」があることをアピールする手   法。その企業での「やりたい仕事」にも言及し、即戦力的なイメージ
  を与えることができれば、評価は非常に高くなる。
6、OB、OG訪問したことでアピール
   志望の「きっかけ」やその企業に対する「熱意」を強くアピールする  手法。
7、店舗見学したことでアピール
   OB。OG訪問と同様。
8、資格でアピール
   5と同様。
9、インターンシップしたことでアピール
   志望の「きっかけ」やその企業に対する「熱意」を強くアピールする  手法。1、9と組み合わせると非常にアピール力の強い志望動機にな   る。